体臭対策

体臭石鹸ランキング

 

 

体臭の原因

体臭の原因は、汗をかいてそのままにしたために、雑菌が繁殖して、ガスが発生して臭うからです。
汗をかいてすぐは、無臭なのですが、さまざまな要因から、雑菌などが繁殖することで、体臭になってしまうのです。

 

食生活の乱れ
動物性脂質を多く摂ると、皮脂量が多くなるので、汗の量も増えてきます。
お肉や乳製品が好きな人は、皮脂の量が増えることで、それが酸化して体臭になります。
激辛の食べ物が好きな人も、汗を通常以上にかくことから、雑菌が増殖しやすい環境を作ってしまうため、体臭につながります。

 

足の臭い
足はエクリン腺の分泌が多いので汗をかきやすい箇所ですが、本来汗をかいたときは無臭です。
足は角質も多い場所なのですが、足の皮脂や爪の汚れなどからでた老廃物が溜まっていることから、臭いを発生してしまうのです。

 

それは日常的に靴や靴下で覆っているので、蒸れやすく雑菌が繁殖しやすい環境だからです。
靴を脱いだときに、ムッとした臭いがしてしまうのは、かいた汗をそのままにしたために、繁殖した雑菌だったのです。

 

疲労臭
仕事も終わり夕方になると、自分の臭いが気になるという人は、疲労臭がしている可能性があります。
疲れがたまることで、内臓の機能が低下してしまい、体内のアンモニアが分解できず、血液に混ざってしまうことで、全身に回ってしまいます。
この臭いが皮膚からも出るので、アンモニア臭がするのです。

 

極端なダイエット
食事を摂らない・単品のみ食べるなどの、極端なダイエットをしていると、基礎代謝が徐々に悪くなり、空腹から唾液の分泌が減って、口臭がするようになります。

 

次の段階になると、血行が悪くなり、乳酸が出始めアンモニア臭がします。
すると体の中では、ケトン体が作られて、血液中に増加してしまい、体からツーンとした臭いを発生してしまいます。

 

ここまでくるとホルモンバランスを崩しているので、体調も悪くなっている可能性があり、生理不順・めまい・冷え性や便秘などを起こしやすくなります。
ダイエットは適度な運動と、バランスの良い食事を心掛けながら行いましょう。

 

病気が潜んでいる
体から、いつもと違う臭いがする場合に、内臓の疾患が潜んでいることもあります。
少しでも気になるときは、病院で相談してみましょう。

 

過度な緊張
緊張すると汗が出ませんか?
その汗は自律神経が乱れるためで、緊張したときに優位になる交感神経が、優位になり過ぎてしまうためで、皮脂の分泌を促したり、心拍数が上がったりします。

 

皮脂が過度に分泌されることで、雑菌が繁殖してしまい臭いを発生します。
皮脂の酸化による、臭いも発生して混ざってしまうため、より不快な臭いになってしまいます。

わきがの原因

わきがで悩んでいる人は、シャワーを浴びたり、デオドラント剤を試したりと、さまざまな努力を重ねています。
でも中々改善できないことも多いので、悩みも根深いものになります。

 

そもそもわきがは何が原因なのでしょうか?
汗はエクリン汗腺・アポクリン汗腺と皮脂腺から出ます。
エクリン汗腺から出る汗は、一般的にどんな人でも、気温が上がったときや熱いものを食べたときに出る汗で、ほぼ水分の全身にある汗腺です。

 

ワキガ

 

脇やデリケートゾーンなど一部に分泌しているアポクリン汗腺は、脂質・糖質・アンモニア・タンパク質などが含まれていて、粘り気や黄色い色もあることが特徴の汗腺です。
だからわきがの場合、シャツの脇が黄色くなるのは、アポクリン汗腺から出た汗の色なのですね。

 

わきがの原因は、アポクリン汗腺から出る汗が、皮膚の常在菌によって分解されることで、すっぱいような独特な臭いを発してしまうことからなのです。
そしてわきがはアポクリン汗腺から、汗が多く出る体質であると言えます。

 

この体質は遺伝によるものが大きく、両親のどちらかが、わきがである場合は遺伝する確率は50%で、両親ともわきがの場合80%の確率とも言われています。

 

しかし、わきがを自覚する時期は、個人差があるので、子供のころから発症する場合や、成長期に伴い思春期に発症することもあり、実はこの頃から悩む人は多いのです。

 

社会人になったときや、引っ越したなど生活環境が変わったときにかかるストレスによっても、突然わきがになる場合もあります。

 

女性の場合は、生理や妊娠・更年期障害などホルモンバランスの変化と共に起きることもありますよ。

 

日本では臭いに敏感なところがあるので、わきがに悩みを持っている人は、かなり長い間辛い思いをしていることが多いです。
しかし体質というだけではなく、睡眠不足や食生活の乱れなどの不規則な生活を続けていると、ホルモンバランスを崩してしまいます。

 

例えば辛いものが好きな人は、刺激物を摂ることで、汗腺を刺激するので、汗が多く出て、アポクリン汗腺が活発になることから、臭いを発します。
日常的に運動不足である場合、蓄積された老廃物と汗の臭いが一緒になることで、体臭がよりきつくなることがあります。
いずれにしてもできるだけ夜更かしを止め早寝早起きをする、バランスの良い食事を心掛けることから始めることでも、臭いの改善のために役立ちます。

 

 

わきがの原因は、遺伝による体質でしたが、生活習慣を見直すなど意識することで、改善につながることもあります。
あとは臭いの原因菌を直接消臭や制汗することで、臭いを無くすことが期待できます。自分に合った消臭デオドラント剤が見つかることを願っています。

石鹸やボディソープの選び方

あなたがボディソープを選ぶときの基準は、価格であったり、好きな香りであったりと、さまざまです。
しかしそのボディソープは、自分の肌に合っていますか?

 

一般的なボディソープは、アルカリ性のものが多く、洗い上がりはサッパリしますが、皮膚に必要な常在菌まで流してしまいます。
しかも肌には強すぎる成分も含まれていることもあります。

 

そこでこの機会に、ボディソープの成分にこだわって、自分の悩みを解消できるものを、選んでみませんか。

 

体臭に悩んでいる人には、殺菌・抗菌の成分が配合されているボディソープを選ぶことが必要です。
ワキガなど臭い対策するには、かいた汗をそのままにせず、洗って清潔にすることが第一です。

 

汗をかいて時間が経つと、雑菌が繁殖することで、体臭の原因となってしまいます。だから昼間もこまめに汗を拭き取ることで、臭いを軽減することができます。

 

しかし1日の終わりにお風呂に入って、雑菌をキレイに洗い流すことも大切で、そのときに、殺菌・抗菌力のあるボディソープが役立ちます。

 

ボディソープ

 

臭いを気にしている人は、デオドランド剤を使用し過ぎることもあり、皮膚が乾燥してしまいます。肌が乾燥すると、皮脂が足りなくなったと誤った反応を起こし、皮脂を過剰に分泌してしまいます。すると汗を余計にかいてしまい、より臭うことになってしまいます。

 

だからボディソープに、保湿成分も配合されているものを選びたいものです。
しかも肌の乾燥で荒れているときは、天然成分にこだわっていることや、余計なものは入っていないことも大切なので、無添加・無香料などにも注意してみることです。

 

臭い対策に有効な成分

 

ミョウバン
汗対策には、おなじみのミョウバンは、殺菌効果に優れています。

 

ポリフェノール
皮脂の酸化を防ぐ抗酸化力の強い成分なので、消臭力に期待できます。

 

柿渋
抗菌・殺菌・消臭のどれにも効果があり、臭い対策には配合されている成分。

 

肌の悩みは臭いだけではありません。
乾燥肌の人は、肌に優しい弱酸性のボディソープを選ぶことが必要です。
人の肌は元々弱酸性なので、皮膚に負担が少なくなるのですね。

 

そして乾燥には保湿が大切なので、保湿成分の植物性セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲンを配合したものも選ぶときの参考にしてください。

 

敏感肌の人も、肌に優しいアミノ酸系のボディソープを選ぶことで、刺激に弱い敏感肌の保湿に努めてくれます。成分から説明すると、グリチルリチン酸は肌荒れにも効果のある成分で、それに加えてセラミドなどは、刺激が少なく保湿に優れています。

 

アトピー肌の人は、肌が炎症を起こして、皮膚のバリア機能が低下している状態なので、洗浄力の強いボディソープでは皮脂を取り過ぎてしまいます。
そんなときはボディソープではなく無添加の固形石鹸を使うことが、肌に優しいのでおすすめです。

 

ボディソープではダメということではなく、固形石鹸に無添加のものが多いというだけなので、自分に合うものがあれば、それを使うといいですよ。

 

いくら良いボディソープを購入しても、ちゃんとした使い方をしていないと、効果も半減してしまいます。購入されたボディソープには、使い方が説明されているので、それを守って洗うことが大切ですね。

 

ボディソープの使い方で大切なことは、しっかり泡立てることです。
泡で肌を洗うことで、汚れや皮脂はしっかり取り、必要な潤い分は残すことができます。
泡立てるときは、ネットを使用してモコモコ泡を作りましょう。

 

そして洗った後は、しっかり流しましょう。
石鹸成分が肌に残っていると、それが雑菌の栄養となり、臭いの元を作ってしまうことになってしまうのです。最後までキチンと洗い流すことで、ボディソープの効果がしっかり得られますよ。

 

ワキガなど臭い対策でボディソープを使って体を清潔にすることで、雑菌が繁殖しないようにすることなどが期待できます。
しかしまた汗は出てしまうので、そんなときの対処法として薬用クリームを塗る方法があります。臭いの元に直接クリームを塗って消臭効果をより持続できます。

 

そして、いつも何気なくしている生活習慣の見直しをすることも、臭い対策になることがあります。

 

肉など脂質の多いものや、チーズなど動物性たんぱく質ばかり食べるといった偏った食事をしていると、皮脂の分泌が増えます。これが酸化することで、体臭へと変わってしまいます。

 

またお肉や乳製品はタンパク質です。分解する途中で便秘などの要因からアンモニアを発生すると、血液中に流れてしまい、汗に混ざり体臭や口臭となってしまいます。

 

野菜や果物なども一緒に摂ってバランスの良い食事を心掛けるだけでも、腸内環境が良くなるなど、体臭の軽減につながることがありますよ。

 

ストレスを感じていたり、夜更かしをして睡眠不足になったりしていませんか?

 

そんな時は内臓の動きが弱くなっているため、新陳代謝も悪くなっています。すると肌の生まれ変わりも遅くなってしまうから、老廃物が溜まってきます。出ていく場所がないことから、血液中に流れ出してしまい、やがて毛穴から臭いが発生するのです。

運動不足の人の汗は臭います。
それは筋肉が弱まってしまって、少しの動きだけで、疲労物質である乳酸が作られてしまいます。乳酸はアンモニアの臭いがするので、汗にその臭いが混ざってしまい、体臭となるのです。

 

それは運動をすることで、改善が期待できるので、ウォーキングやスロージョギングなどの有酸素運動を継続することです。

 

体臭石鹸ランキング

 

 

 

 

 

TOPへ